3/3 春色炒り卵弁当とバタバタ卒業式

《今日のお弁当》

 *炒り卵、かまぼこ
 *宝袋煮(しらたき、椎茸、にんじん)
 *かぶときゅうりの甘酢ととびっ子和え

a0105730_846212.jpg

雛祭りだというのに、天気予報は

「真冬並みの寒さで、午後から降雪。積雪のおそれあり」

前半はともかく、後半ははずれて欲しい・・・

りんごは今日から6日まで期末テストに突入。
殊勝にも「帰ったら、図書館に行って勉強する」と言っていましたが、雲行き次第かも???

母が外出するため、置き弁にしました。
a0105730_8581219.jpg

一昨日の卒業式か昨日の買い物の際に風邪でも拾ったのか、
今朝から調子の出ないみーみ。

学校は卒業したといえ、
4月1日の定期演奏会が終わらなければ部活に区切りが付きません。
そろそろ定演の本格的な練習を始めないと、間に合わないんじゃ・・・008.gif
4月からの新生活の準備や課題もあると言うのに。

見ている方がやきもきします008.gif008.gif



ランキングに参加中。
(↓)をクリックしていただければ、嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ





私が確認を怠ったため、
卒業式前日打ち合わせの席でメニュウ表の作り直しが決定
夕方までかかって、細かい打ち合わせと流れの確認。

帰宅して明日着るスーツの準備をしてから、
黙々と(・・・・)コピー&カットの作業に没頭しました。

はい、何と言っても自分のミスですから・・・・・・(ちょっと、ヘコんだ・・・008.gif


明けて当日、朝起きるとりんごが

「頭、痛い・・・」

私は先に卒対で集合するため式場で主人と合流予定でしたが、
一瞬「私しか式に出られないかも・・・??」

ともかくりんごに痛み止めを飲むよう言い含めてから、駅まで車で送ってもらい
ホームで電車を待っている間に気付いたのが、

「携帯、忘れた・・・」

慌てて家に電話して持って来てもらった携帯を受け取り、
卒対の集合場所に着くと、30分遅れ。

皆さん、お昼の仕出しを食べている最中でした。

それでもやっとりんごの痛み止めが利いて来たので、主人も出発。
式開始ギリギリに合流出来ました。

式は厳かに始まり、淡々と進行。

(実は昨年度の卒業生が退場時に先生方・保護者に内緒のとんでもないサプライズを敢行、
 相当来賓のヒンシュクを買ったらしく《多分、先生方も頭抱えたのでは…》
 みーみたちに何度も
 「サプライズは、なし!だぞ」・・・と念押ししていたそうです)

・・・淡々と進行、は良いのですが。学校側から「1時間で終了」と聞いていたのが

延びる、延びる。30分近くズレてる!!!!!

気付いていたのか、
予定の挨拶を端折った(と見てとれた。明らかに焦っていました)PTA会長Iさん。

「仰げば尊し」「蛍の光」ではさすがに迫るものがありました。
(決めるまで、入るまでが大変でした。実家もバタバタしていたし・・・)

しかし。号泣する間もなく退場するみーみたち卒業生を見送り、
先に帰る主人と別れて校舎へダッシュ!
(会場が少し離れた系列の男子校の体育館だったのです。)

卒対メンバー全員で大急ぎで各クラスに記念品を配り、
受付担当メンバーは細かい準備をしに
一足先にタクシーで祝賀会(=一般に言う、謝恩会)の会場へ。

受付担当の一人が、急遽司会を降りたピンチヒッターに回ったため
打ち合わせに駆り出されて結局予定より少ない人数で受付をさばき、
お金のチェックを終えてから自分の席に着いてやっと一息。

乾杯のシャンパンが美味しかったです。



・・・正直、みーみの中学の卒業式&謝恩会ではいろいろな思いがあり過ぎて
かえって他人事のように遠く感じられ
(今風の歌ばかりで、「仰げば尊し」「蛍の光」もなかった)、むしろ
「ああ、
  やっともうこの学校に来なくてすむんだ・・・」


全然泣けなかったし、肩の荷を下ろした快感の方がはるかに勝っていました。


今回、慌ただしい卒業式&祝賀会ではありましたが
(それでも、Sさんの謝辞と実行委員長Kさんの最後の挨拶では、
みんなでうるうる・ほろほろ)、卒対に誘われていたからこそ
「自分の子(たち)の卒業式」をしてあげられた気持ちになった気がします。


(2次会では、マーチングのママたちとゆっくり・まったり話してケーキをたくさんいただきました)




《欠席1日》で皆勤賞は逃したみーみですが、精勤賞をいただけました。
a0105730_11573995.jpg

a0105730_11542336.jpg

(↑)は、高3のマーチング部員4人に授与されたメダル。

他学年の部員はイベント出演に乗り気でなかったらしいのですが、
結果イベント出演が紅白出場につながったわけだし。

だいぶこれまでの高3とはちがう方針でやっていた(らしい)現高3、芯は強かったと思う。

私は元来勲章とかメダルとか箔付けに対して、あまり有り難味を感じないのですが、
これは素直に有難く、嬉しいことでした056.gif056.gif
[PR]
by rikako-higuchi | 2009-03-03 12:13 | 季節・つれづれ