人気ブログランキング |

3色寒天とレッドクリフPartⅡ

りんごは昨日の代休でお弁当もお休み。

明後日からは3日間中間テストが始まります。
置き弁作るかどうかは、まだ決めていません。

朝食を片付けた後に、寒天を作りました。
a0105730_9302540.jpg

《ピンク→アセロラ》《紫→葡萄》《白→牛乳》です。

そういえば、去年はこういうデザート類を全然作ってなかった・・・;;;
やはり、気持ちがいろいろと追いついていなかったのかなぁ;;;
学校弁当・部活弁当作るだけで、余裕なかったです。

この頃は野菜ジュースもいろんな色《黄色》が出ているので、
いくつかいろいろな組み合わせを試してみたいです。



先週の金曜、銀座で用をすませてから、「レッドクリフPartⅡ(字幕版)」を観てきました。

いよいよ決戦に向けて「ご存知の」エピソード山盛りで一気!

それにしても眼力満点のキャストオンパレード!!でした。

周瑜(=トニー・レオン)と孔明(=金城武)は言うに及ばず(←二人とも、《》系の瞳)、
尚香(=ヴィッキー・チャオ、ホントに眼大きい!!!こぼれそう・・・)や
孫権(=チャン・チェン、ぬめっとした《色気》系?の流し目。)、
とどめに曹操(=チャン・フォンイー)のどアップ。(←怖かった…)

眼の大きさでは譲るものの(笑)、
結構「おいしいとこ、いただき!!」の鬼軍曹・甘興(=中村師童)、
意外にも!!周瑜とのからみが多かった趙雲(=フー・ジュン)。

さすが、というか「わかってらっしゃる!」アレンジでした。


別窓、興味のある方はどうぞ。




ランキングに参加中。
(↓)をクリックしていただければ、嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ






高校時代に吉川英治の小説全8巻読破を始めに、
ちょっと前の塀内夏子さんの漫画「覇王の剣」
(これから面白くなる、っていうところで連載打ち切り・・・未だに惜しい)がきっかけで
吉川版を再読、ついでに柴田連三郎、陳瞬臣の三国志ものにも手を出しました。

ただ、横山光輝のマンガ版はほとんど未読で、映像ものも未見。
(ゲームは言うに及ばず。アレは、ある意味別もの)
そのせいか視覚的な部分でわかってないものが多かった。

ことに、陣形とか(八卦の陣・・・ええ???・・・ど、どんなの???コレ・・・でした)、
戦関連のこと、服装とか・・・

吉川版では水軍の船について相当詳しい記述があるのですが、
各種大きさが違うらしいのは理解出来たけど、
具体的にどんなのものかがピン!と来ない。

人口に膾炙してきた分、
いろいろ後世のアレンジが入ったバージョンが定着してしまっている部分を、
それなり現代人の私たちが見ても納得出来る形に落ち着かせたあたりも含めて
今回の映画のおかげで「アレはこうだったのか!」
・・・ピン!と来ていなかったものの輪郭がかなりつかめました。



孔明が「東南風を呼ぶ」のではなく、「東南風が来る時を知っていた(=待っていた)」。

曹操に茶を立てながら灯りの炎のゆらぎで風の変わり目を悟り、時を稼ぐ小喬。

小喬の言葉に動揺し、頭痛に見舞われる曹操。



「風の変わり目」=気圧の変動・入れ替え、寒冷前線の移動に伴う気象現象か!!!



文字だけでは、こうは納得出来なかったです;;;;
by rikako-higuchi | 2009-05-25 11:52 | 趣味・お出かけ